スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エロイカより愛をこめて 35巻

エロイカより愛をこめて 35 (プリンセスコミックス)エロイカより愛をこめて 35 (プリンセスコミックス)
(2009/06/16)
青池 保子

商品詳細を見る

ホモの美術品泥棒とNATO諜報部の堅物少佐の織り成すシリアスコメディー。
35巻は番外編2編に本編が導入部分のみで少し寂しいかな。
番外編も面白いけど、やっぱ少佐が現場で走り回ってないとエロイカは始まらない。

帯に2年半ぶりって書いてあったけど、34巻出てからそんなに経つなんて
ちょっと前に出たぐらいの感覚だったのに時間が経つの早すぎ。
この刊行ペースじゃ、今巻から始まるシリーズ終結は下手すりゃ10年後とか。
まあ、1巻なんて1978年発売で生まれる前だもんなぁ。気長に待つしかないか。
帯の裏に、発売中のプリンセスGOLD7+8月号で35巻の続きが読めるっていう、
今流行の手法をやってたけど、流石に少女誌にまで手を出すのは憚られるw

で、ちょいとググったらプリンセスGOLD7+8月号の表紙に吹いたw
プリンセス GOLD (ゴールド) 2009年 08月号 [雑誌]プリンセス GOLD (ゴールド) 2009年 08月号 [雑誌]
(2009/06/16)
不明

商品詳細を見る

こんな構図、本編じゃよっぽどの事が無い限り見れないだろうなぁw

以下ネタバレ上等につき注意


番外編の巻。という事は当然、ロレンスの巻でもあるわけです。
そこにケルト編の妄想マダムまで絡んできてカオスな状況に。
ロレンスとセットで番外編出現率の高いMr.Lも、ロレンスに毒されてか変人面が
強化されてきてる気がするw
そんなカオスな番外編の後はやっとこさ本編。
導入で白クマが出てきて、コミック裏表紙にもミーシャの絵があるってことは、
この先小熊のミーシャの出番もありそうでwktk。
逆向きの聖ヨハネの謎やらとロシアの武器密輸の話がどう繋がるのかが見ものですね。
ローマ教皇を盗んだ話とかのはるか昔のエピソードがさりげなく出ててニヤッとしたり。
その話の後ろのベネディクト16世の絵は相変わらず魔王顔負けの強面で吹いた。

それにしても、相変わらずボロボロンテの愛はディープでヘヴィだなぁw

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。